Q. 体験レッスンとかはありますか?


A. レッスンの様子やピアノを弾くことを体験してもらえる体験レッスンを1回無料で受けていただくことができます。



Q. 教材はどんなものを使っていますか?


A. 主にバイエルやピアノどりーむなどの基本教材を使って音符の種類やドレミを読むこと、リズムパターンの違いなどがわかるように進めています。



Q. 家にピアノがないのですがレッスンできますか?


A. はじめのうちは88鍵ある標準のピアノ、電子ピアノでなくても、40から50鍵位の電子ピアノなどでも大丈夫です。 両手で弾くのが定着して練習が家でも必要になる半年から一年くらい先にはお家にもピアノのご用意をおすすめしています。


片手のうちは鍵盤ハーモニカなどでも構いません。身近に弾くピアノがあればまずはそれを使っていくのも十分だと思います。 

内容が進んで両手で肩幅位より広い鍵盤も使う(ソナチネや、いわゆる子犬のワルツなどの名曲)ようになってくる頃には88鍵あるアコースティックピアノや電子ピアノに変えたほうが良いかもしれません。



Q. 小学校の娘が器楽の発表イベントのピアノの譜面をもらってきました。どうやらピアノパートのオーディションがあるようなのですが、レッスンでもみてもらえるのでしょうか?


A. レッスンでの教材の進度とバランスを取りながらレッスンの中でみていきます。

ピアノはひとりで弾くことがとても多く、時に自分だけになりかねない所もありますので、他の人と一緒に合奏や合唱と演奏することもとても大切なことです。

ていねいにサポートしていきます。


まずは自分で譜面の通りなるべく弾けるようには練習をしてもらい、その上で弾きやすいコツや一緒に合わせる時の実務的なコツなどはレッスンでもどんどんお伝えしていきます。

譜読みの手伝いなどもします。




Q. エチュードなど速い曲がプロのように弾けるようになりたいです。どうすれば上手くなるのですか?


A. 弾く人の体格や年齢によって個人差はありますが、速い曲ほど弾いているときに速く指を動かしている感覚はないと思います。これは体感する要素が大きくて言葉にすることには限りがありますが、指先に力が入ったままでは結果的に沢山の音符を弾いていくときに邪魔になるので少ない力で弾けるような感覚を色々開発していくお手伝いをしていきますよ。