YOU-PIANO教室

ドレミが自分で読める、ピアノでドレミが弾ける。両手で音楽を奏でよう

春の体験レッスン募集中です。

 

調布市深大寺北町クラス(水曜から金曜日)と三鷹市大沢のクラス(月曜日、土曜日の午後、夕方)でレッスンしています。新しい生徒さんを募集中です。

5歳から小学生、中学生そして大人のかたまで、それぞれのご希望に応じたレッスンをしています。

 

 自分で楽譜から音符ドレミやリズムが読めること、ピアノで音にしていくことができるようになるのがまず目標です。

定着するとよく聴くクラシックの名曲などを自分でだんだんと弾けるようになり、音楽を奏でる楽しさを感じられるようになります。

 


ピアノを楽しみながら、ひとりで音符が読めるようになっていきます

子供も

先生やおうちのひとに言われなくてもひとりでドレミが読めたり、楽譜から音楽を読んで再現することができるようになると、小学高学年や中学生の時には弾きたいと思った曲を楽しめるようになります。

 

最近はテレビでもクラシックのピアノ作品を耳にする機会は少なく曲も限られています。

Youtubeなど活用しながらおうちのひとも一緒に楽しんで支えていける環境づくりのご相談など、ひとりひとりに合ったアドバイスをお伝えしています。

 

 

◇楽器と体

 

ピアノは大人サイズの楽器ですので、身長120センチ位から140センチ以上へと大きく変化する小学生の成長期にはレッスンのたびに毎週、鍵盤と椅子の座面の高さの微調整が必要です。

 

体の大きさが足りなくても、指先や身体の使い方はこの時期に基本を押さえておくと中学生の時期にさらに上達していきます。

目でみえる指先だけではなくて、腕の付け根である肩や背中など身体の部位を感覚的に自覚することを重ねていくことで音色の作り方なども覚えていきます。

家では電子ピアノでの練習でもグランドピアノが弾ける弾き方や音色作りのアドバイスを心がけています。

 

 

床に座る生活から一変して150年。椅子に座る生活はだいぶ普通になってきていますが、宿題をするときやごはんの時、お子さんが猫背だったりしていませんか?机と椅子の高さ関係を調節することで改善するようです。また、椅子に座る際に腰をスッとさせることをいつも気にすると体も良くなると思います。

 

これは大人も使えますが、上半身を腰で支えるために腹筋や背筋を自然に刺激でき、前かがみにならないので呼吸も効率良くできるので気持ちも安定する効果があります。

 

 

大人も

子供の頃ピアノを習っていて、また再開しても時間が少ないのでどこまで続くか、上手になるか心配という方も皆さんの進みや生活スタイルに応じた練習のご提案なども含めて相談していきます。

 

社会人で地域のオーケストラやブラスに入って音楽を楽しんでいる方も多いので、ピアノも何か演奏できると仕事とは別の広がりが増える可能性も秘めています。

 

毎回、上達が実感できるレッスンを目指しています。