ピアノで音楽を体感しましょう


 4,5歳からの基礎コース、大人の方の再開・趣味コースを基本にレッスンをしています。

個人の特徴や練習環境に合わせて内容を考えて楽しく、しっかりと上達を目指していきます。

 


ピアノを楽しみながら、姿勢も良く成長します

子供も

最近はクラシックのピアノ作品を耳にする機会も少なめですので大人が作っていくことも必要だなと感じることが増えてきました。


体の成長と共に感性も発達していく幼児から小学生の段階でスポーツや音楽は脳や手足の連携を刺激していくのに効果的だというお話も聞きます。



楽譜を読む力をつけて

10歳のころまでを目安に、基礎になるドレミなど音符を自分で読める、理解してリズムもわかることを目標にちょっと面白いやり方なども交えながら刺激しています。

この定着の上に、さらに小学生の高学年や中学生頃には弾きたい曲も楽譜を手に取ればひとりで楽譜がわかるので、どんどん弾けるようになります。



ピアノの鍵盤と椅子の座面の高さは成長に合わせて微調整が必要です。半年で数センチ成長している10歳前後は特に変動します。


西洋化して椅子の生活がだいぶ普通になってきていますが、最近宿題をするときにお子さんが猫背だったり気になりませんか?

背中や腰を伸ばして支える筋肉の低下などは大人にみられる便利な現代人の課題のひとつですが、少しの意識で楽に良い音が出せるコツをお伝えしています。



大人も

子供の頃ピアノを習っていて、また再開しても時間が少ないのでどこまで続くか、上手になるか心配という方も皆さんの進みや生活スタイルに応じた練習のご提案なども含めて相談していきます。

毎回、上達が実感できるレッスンを目指しています。